「えっ、ここ横浜?」絶対そんな言葉が出てしまう広大な緑地。横浜駅から電車でたった30分の十日市場に、田舎に旅したような気分になれる場所があります。

横浜が誇る“北の森”新治(にいはる)

横浜線十日市場駅南口から徒歩約15分。団地の合間を縫っていくと、突然、眼下に豊かな緑が広がります。そこがこの先67ヘクタールも広がる里山の入口。現在、遊歩道が整備された「新治市民の森」として散策を楽しめますが、もっと里山に親しみ、自然と近くなるために横浜市ではこのうちの15.3ヘクタールを里山公園として順次整備していく予定だそうです。


◎旧奥津邸入口

現在は、平成21年にかつてこの土地に暮らしていた方から寄贈された見事な日本家屋の屋敷(旧奥津邸)と緑地を「新治里山公園・にいはる里山交流センター」として整備し開放しています。


◎旧奥津邸主屋

かつての豪農家屋である旧奥津邸は、さんさんと日が差し込み、手入れされた庭には四季折々の花や緑が美しく光を浴びています。

施設内で開放されている場所は来園者の憩いの空間です。縁側で日を浴びながらお弁当を食べたり、畳の部屋で寝っ転がりながら本を読んだり、仲間とおしゃべりを楽しむのもOK。

特に長屋門の2階はまるで旧家にお呼ばれしているような気分で、奥の部屋からは豊かな里山を見つつ、吹き抜ける風に吹かれてお昼寝してしまう人も……。気分は別荘(泊まり・飲酒は不可)。


◎旧奥津邸長屋門に飾られた「里山・手仕事サロン」のメンバーが作った飾り

親子で楽しめるイベントたくさん!

旧奥津邸と道をはさんだところには「新治里山公園管理事務所」があります。ここでは現在センターの管理を担当しているNPO法人新治里山「わ」を広げる会の方々が常駐していて、センターや、周囲に広がる市民の森などの楽しみ方を案内してくれます。

見逃せないのが、子どもから大人までそれぞれが楽しむことができる数々のイベントです。ハーブ園のハーブを使った「カモミールの花染め」や「カモミールティを味わう」「ハーブ塾」などの講座は女性に人気。


◎竹細工のワークショップ

また、小物手芸づくりの「里山・手仕事サロン」は、針仕事をしながら家庭のグチを話して笑いあって気晴らしする場としても人気があるとか?!

「おき火deクッキング」「新緑を味わう~かしわもちづくり」などはおとうさんも含めた家族連れに人気。そのほかにすぐ枠が埋まってしまう「里山キッズたんけん隊!」など、楽しみながら里山の豊かさ、自然との付き合い方を知ることができるイベントが多数行われています。毎週土曜の朝9:30~12:00ぐらいまで、地元野菜の朝市も開かれているそうですよ。

森の中はまるで別世界。ぜひ小旅行へ

家族で「市民の森」を散策するのも楽しいです。みなとみらいや横浜駅周辺と同じ市内とは思えない自然の中で、鳥の声を聞いたり、虫を見つけたり、花の写真を撮ったりすればまるで小旅行気分。森林浴で体の中からリフレッシュできます。

元々この里山は、古くから地元農家の方々が暮らしの中で活かし手入れしてきた場所でした。今では横浜市とこの森を愛する市民の団体が相談し、関わり合いながら里山づくりを行っています。周囲には農地も多くありますが、地主さんたちの協力もあって成り立っている里山ですので、散策路以外には絶対立ち入り禁止。ご注意を。

横浜の底力を感じる素晴らしい場所です。一度ぜひご利用を!もちろん、ルールは守ってね。

次回はこちらで行われているイベント体験レポートをします!

 

新治里山公園・にいはる里山交流センター

横浜市緑区新治町887
  • 休園日:第4月曜日及び年末年始(ただし第4月曜日が祝祭日の場合翌日休館)
  • 開園時間:9:00~17:00(入館16:30まで)
  • 電話番号: 045-931-4947
  • 入場料無料
  • ホームページ:http://www.niiharu.jp/
  • アクセス:JR横浜線十日町市場駅より徒歩15分
    バス 東急田園都市線青葉台駅発JR十日町市場駅経由市営バス「三保中央」行きで「杉沢」下車徒歩5分※1時間に1本程度です

◎駅からはこの看板を目印に!