「ベイクォーターの今」をお届けする企画特集を始めました。
「ベイクォーターは遠い」と感じている方へ。

横浜も梅雨に突入し、じめじめした雨の外出を憂鬱に感じている人も多いのではないでしょうか?

第8弾は、この季節にピッタリ。2014年2月、4階にオープンしたレイングッズ専門店Umbe+(アンビープラス)のご紹介です。

Umbe+は、「雨の日も晴れの日も楽しく」をコンセプトとしたレイングッズの専門店です。店内には、婦人、紳士、子ども用の、お洒落な傘、機能的な傘、レインシューズ、レインコート、便利なレイングッズなどがずらりと並びます。


店長の桐生さんに教えて戴いたお薦め商品をご紹介しますね。

■組み立て傘


Umbe+オリジナルの商品で、自分だけの傘を作成することが出来ます。骨付きフレーム、傘生地、持ち手ハンドル、先端のキャップの4つパーツを好きな色、好きなデザインから選んで組み合わせます。作成時間は約5~10分で、工具を使わず、自分でも組み立てることが出来ます。また、傘が壊れた場合は、そのパーツだけを交換することが出来るので、とてもエコな傘です。価格は、5,000円前後からなので、オンリーワンの傘を手軽に作成できます。

■ロータリーカバーで耐久性に強い傘


風の強いエリアにお住まいの方にお薦めな機能的な傘ですよ。なんと、傘のトップ部分が風に吹かれるとクルクルと廻ります。ひっくり返って、お猪口になっても大丈夫! 骨の損傷を軽減する耐久性の強い折りたたみ傘です。

■マンハッタナーズシリーズ


画家久下貴史氏が、猫たちとのニューヨーク暮らしから描きだす個性豊かであたたかく美しい作品をモチーフにした商品です。こちらのシリーズを取り扱っている店舗はとても少なく、他店舗ではなかなか出会えない傘だそうです。猫ちゃんの描かれた傘は、可愛らしいですよ。

■レインシューズ

 
レインシューズというと、ロング丈の長靴をイメージしがちなのですが、Umbe+には、まるで革靴のような、見た目のイメージを覆すレインシューズが並んでいます。ソールのクッション性もあり、履き心地も抜群なので、男性へのプレゼントに喜ばれそうな一足ですね。

女性向けには、可愛らしいビニール製のレインシューズがありますよ。価格も2,000円からとプチプライスなのが嬉しいですね。

店長からメッセージを戴きました。

「お客様に早く使いたいと思っていただけるような商品を見つけるお手伝いをさせていただけたら嬉しいです。ご来店を心よりお待ちしております!」

まだまだ続く横浜の梅雨。お気に入りのレイングッズを見つけて、雨のお出掛けを楽しんでみませんか?

 

Umbe+(アンビープラス)

  • 営業時間:11:00~20:00
  • TEL:045-451-5510
  • Umbe+ホームページ:http://www.umbe.jp/

 

横浜ベイクォーター

横浜市神奈川区金港町1 -10
  • アクセス:横浜駅きた東口Aからベイクォーターウォークで徒歩3分または横浜駅東口からそごう2階経由で徒歩7分
  • 駐車場台数:730台(車高は2.2mまで)
  • 開店時間:ショップ11:00~20:00、サービス11:00~21:00、レストラン&カフェ11:00~23:00 ※店舗によって異なります。
  • お問い合わせ:横浜ベイクォーター TEL:045-577-8123(代表)
  • ホームページ:http://www.yokohama-bayquarter.com/