とある保育園の園長先生にご紹介していただいたお食事処、とんかつ屋「美とんさくらい」さん。園長先生、保育士さんも絶賛のとんかつ屋さんです。

井土ヶ谷店を始め、市内に3店舗ありますが、今回は、磯子区の岡村店におじゃましてきました。こちらは、磯子駅からバスで「天神前」停留所を降りるとすぐ。また、無料駐車場を完備しているので、ご家族連れにも大人気!


とんかつ屋「美とんさくらい」岡村店は、今年で創業約26年と歴史のあるとんかつ屋さん。平成25年9月には、アド街ック天国で紹介され、他の2店舗も含め地域のお客様に大人気だそうです!

お肉屋さんが、始めたとんかつ屋「美とんさくらい」さん。社長さんは学校を卒業し、知る人ぞ知る東京の芝浦で約2年修業をしたのち横浜の肉小売店へ異動されたそうです。

そのお肉屋さんを仲間と一緒に買い取り、運営し始めたのがきっかけとなり、経営をスタート。お肉屋さんの時代に、「肉を売る」だけではダメだ・・・何か「うまい!」ものを作ろう。という考えで始めたのが「とんかつ屋さん」だったそうです。

こちらの名物は、とてもヘルシーで、なおかつ美味しい「釜焼きとんかつ」。


釜焼きとんかつとは、名前の通り釜で焼いたとんかつ。そんな「釜焼きとんかつ」は、社長さんの様々な想いと、長年の研究により開発したとんかつだそうです。

釜焼きとんかつを始めたのは、今から約13年前のこと・・・。当時は、ギタリストで有名な寺内タケシさんも常連のお客様だったそうです。

そんな寺内さんが、医師から油もの料理を禁止されてしまったとの連絡を機に、「油を抑えたとんかつ」また「ダイエット中の方でも気にせず食べられるとんかつ」は作れないだろうか・・・

と考えた社長さんは、改めてとんかつについて勉強し始め、ドイツやウィーンなどへ自ら学びに行き、とんかつ業界としてはおそらく史上初となる「釜焼きとんかつ」を開発したのだそうです!

今では、釜焼きとんかつを提供しているだけでなく、研究してきた成果や学んできた知識を活かし、地域の小学校や中学校にて、「ウインナー教室」、「とんかつの講師」、「ローストポークの講師」として活躍していらっしゃるそうです。


こちらは、社長さんが開発した「ウインナー制作機」。こちらを使用して、子どもたちにウインナーの作り方を教えているのだそうです。

そんな、様々な取組みを行ってきた社長さんですが、3年前に、余命3ヵ月の大腸がんと宣告を受け、闘病生活を送っていたそうです。

努力と気力で開発した釜焼きとんかつを、もっともっと世界へ広めていきたい!残していきたい!!とんかつ業界を変えていきたい!!!

『揚げる』から、『釜で焼く』時代へと業界を変えたい・・・そんな想いが病気を機にさらに強まり、病院の先生へ「先生!どうにか治してください。」と頼み込んだそうです。


先生とマンツーマンの治療が実ってか、余命3ヵ月と宣告されてから早3年。再発も見られず、今も元気よくとんかつ屋さんを運営されてらっしゃいます。

この時大切だと感じたことは、「お医者さんを信頼すること」そして「必ず治してやるんだ! という諦めない気持ちを捨てないこと」だとおっしゃっていました。

社長さんは、自分がガンになったことも、すべて偶然ではなく『必然的』になったことだ。とおっしゃっていました。

「すべての出会いが偶然ではなく必然的である。」、社長さんのこの言葉が、個人的にはとても心に残っています。


続いて、こちらのお店で最近発売された、新メニューをご紹介したいと思います!

その名は、『カツメン』。福岡の博多ラーメン店との、コラボレーション商品だそうです。

とんこつベースのラーメンに、釜焼きチーズチキンかつとローストポークが乗った、こちらの商品。かつの中には、なんとチーズが入っています!

釜焼きかつ・・・チーズ・・・・ラーメン・・・この味のハーモニーは、ご想像が難しいと思いますので、ぜひ一度、召し上がってみて下さい!


とんかつ屋さんではありますが、その他のメニューも盛りだくさん!こちらは、「釜焼きローストポーク」と「釜焼きチーズチキンカツ」です。

「また食べたい!」と必ず思う、とても美味しいメニューばかりなので何を頼もうか毎回迷ってしまいます。


また、こちらは横浜で話題の「美豚ハマジャーキー」ご存じでしょうか?

こちらも、社長さんが長年研究されて作られたもの。高島屋・ワールドポーターズ・中華街・とんかつ美とんさくらい各店舗にてお求めいただけます。横浜のお土産として、購入される方も多いそうです。

今後は、長年研究されて完成した、この「美とん流」を全国へプロデュースしていこうと、動いているそうです。

お店の一番のこだわりは「オンリーワン」。お塩、お肉、パン粉、油、お米など・・・食材はすべてオリジナルものを使用!ひとつひとつに〝こだわり″ を持つことが、「美とん流」だそうです。

さらに最近は、とんかつに合う「オリジナルコーヒー」を開発されたそうです。コーヒー豆を挽く石臼から、業者の方と一緒に作り、豆も厳選 。食後に合う、そしてとんかつに合うコーヒーを開発!

私も実際にいただいてみたところ、とてもさっぱりしていて飲みやすく、「うまみ・香り・コク」がぎゅっとつまったとても美味しいコーヒーでした。

みなさんにぜひ一度訪れていただきたい、とんかつ屋「美とんさくらい」さんでした。

 

とんかつ美とんさくらい 岡村店

〒235-0021 神奈川県横浜市磯子区岡村6-5-54
  • TEL:045-753-9090
  • ホームページ:http://www.biton-sakurai.com/okamura.html
  • 営業時間:ランチ11:00~15:00、ディナー17:00~22:00(21:30ラストオーダー)
  • 休日:年末年始のみ
  • 駐車場:あり