シミやシワ、たるみにメイクの仕方、効果的な日焼け止めの方法など、誰に聞いたら良いのかわからない美容の悩みってありますよね。また、子育て中のお母さんにとっては、子どもの肌ケアも気になるところです。

そんな悩みは、やはり美容のプロに相談するのが一番!ということで、「プロに聞くキレイの秘訣」に続き、「美容の悩みはプロに相談!」がスタート!!

第2回目は、【夏のメイク崩れ対策です。メイク直しをしている暇もないほど忙しいお母さんのための崩れにくいメイク方法や、外出先でのメイク直しの方法など子育てママが気になることを「株式会社ファンケル化粧品」で、美容相談グループに所属する平井さんにご相談していきます。

a1380_001393_m

相談1、夏は汗や皮脂でメイクが崩れやすいですが、子育てママにとってはこまめなメイク直しをしている暇がない!崩れにくくするために、夏におすすめのスキンケア術やメイク法を教えてもらえますか?

スキンケアに関していえば、まずは自分の肌質、肌状態にあったものを選ぶことが大切です。1年中同じスキンケアを使っていたりしてはいませんか?日中メイクが崩れやすくなった、なんだか肌がべたつくと感じたら、夏向けのものや使用感がさっぱりタイプのスキンケアに切り替えるようにしましょう。それだけで、メイク崩れはかなり改善されると思います。

また、洗顔の仕上げに水を使うというのも、皮脂の分泌を抑えるのに効果的。さらには、化粧水、乳液、美容液、クリームなどのスキンケアをつける際、1つ1つをしっかり肌になじませてから、次のアイテムをつけるように心がけましょう。べたつきを感じる時は、ティッシュオフしてから、次のアイテムをつけると良いでしょう。

メイクに関していえば、ファンデーションの前に必ず下地を塗るようにしましょう。下地機能を兼ね備えた日焼け止めも数多く出ているので、この時期はそういったアイテムがオススメです。

商品画像_3200-01_スキンケアヘ゛ースブラ

ファンケルでは、メイク下地として「スキンケアベース ブライトアップUV」(本体価格/1620円)を発売しています。SPF25/PA++と、デイリーの紫外線対策に最適な上に、メイクのノリを高めて皮脂による崩れも防いでくれる優れもの。また、ラベンダー、ピンク、ゴールドの3つのパールにより、滑らかで明るい肌に簡単に整えてくれる化粧下地なので、子育てで忙しいお母さんにもオススメです。

加えて、ベースメイクの仕上げにパウダー(おしろい)を使うと、メイクの仕上がりを美しくするとともに、ファンデーションの持ちを良くし、ヨレや崩れも防いでくれます。

ちなみに、夏はリキッドタイプのファンデーションだと崩れやすいのでは?と思いがちですが、一概に形状だけで判断することはできません。保湿力などの違いを確認の上、何より自分の肌に合っているものを選ぶことが大切です。

f9f05215991c67dd6c2113a6cc84e01b_m

相談2、外出先でメイクが崩れてしまった場合、ササっと直す方法はありますか?

(皮脂崩れを回復させるメイク直し法などがあれば。また、この1部分だけ直すだけでもきれいに見えるなどがあればそちらも教えていただけますか?)

大半の人が気になるのがTゾーン。ティッシュやあぶらとり紙で皮脂をとってから、ファンデーションやメイク直し用のパウダーなどを塗るだけで、メイクをリセットできるので、急いでいる時はとりあえずTゾーンを直すだけでも違います。

相談3、食べ物で皮脂分泌を抑えることは可能でしょうか?オススメの食べ物はありますか?また、逆にこの食べ物を食べると皮脂分泌が活発になるというものがあれば教えてください。

脂質や糖質の多いものに偏って食べていると過剰に皮脂を分泌させてしまう恐れがあります。まずは、何よりバランスの良い食事を心がけることが大切です。でも、お肉や揚げ物などが大好き!という人もいると思いますので、そのような時は、野菜をプラスして摂るようにすると良いでしょう。栄養素で言うと、ビタミンBやビタミンC、Eなどがオススメです。しかしながら、子育て中のお母さんは忙しいので、すべてを食品で取ろうと頑張りすぎずに、サプリで補うという選択もアリです!

13b2bfde8869f3b04eb3516cccfe498a_m

相談4、メイク崩れを考えると夏はできればスッピン(日焼け止めだけ)でいたいのですが、メイクをしていたほうが肌には良いのでしょうか?(スッピンorメイクどちらが肌には良い?)

健やかな肌状態えあれば、ファンデーションが負担になるということはありません。肌色を美しく見せるだけでなく、紫外線を防いでくれるので、ファンデーションを塗っているほうがオススメです。また花粉や黄砂、PM2.5などの対策としてファンデーションを塗ることを推奨するお医者さんもいるなど、外的ダメージから肌を守ってくれる役割もファンデーションにはあります。

でも、子どもと一緒に遊んでいるとメイク直しが出来ないという時もあると思いますので、そのような時は日焼け止めだけでもかまいません。さらに、ポイントメイクをプラスするだけでも、メイクしている感じは演出できます。

1d42d33ccd770453962050b4ec83104e_m

相談5、子どもを寝かしつける時に一緒に寝てしまい、メイクを落とすのを忘れてしまうことがあるのですが、やはり肌にはよくないのでしょうか?具体的には、どのような悪影響がありますか?

メイクを落とさずに寝るというのは、メイク以外に日中の汗やほこりなども付着したままになるので、肌にはストレスを与えてしまいます。敏感肌の方ですと、吹き出物などの原因となることもあります。

私の知っている方でお子さんが2人いて、なかなか自分のスキンケアに時間を取れないめ、帰宅時にする手洗いうがいに必ず合わせて、クレンジング&洗顔からスキンケアまでを習慣にしてしまったという例もあります。そこまで行なっておくと、疲れて子どもと一緒に寝てしまった時でも、後悔することなく過ごせるようになったそうです。

153ddc061888ee0c1797d2ff0848a9ef_m

確かに!慣れるまでは大変ですが、習慣づけてしまえば良いかもしれませんね。子どもがいる家庭であれば、手洗い、うがいは必ずするので、それにプラスしてしまうというのは良いアイデアかもしれません。何よりメイクは、帰宅したらすぐ落とすほうが肌には良いそうなので、私も今日からその方法で行ってみようと思います。

今後も美容に関して気になることがあれば、編集部までどしどしお寄せください。

 

≪ご相談したのは・・・≫

◎ ファンケル化粧品 美容相談G 平井 由美◎

美容相談 平井
2006年に入社。入社以来、美容相談の窓口に配属し、お客様からの美容全般に関する相談を担当。「お客様からの様々な肌悩みに寄り添い、パーソナルな対応を常に心がけています。私生活では1女の母。自身の経験も踏まえて、働く女性、子育て中の女性の「きれい」を一生懸命サポートします!」